全ての方に優れた住宅を カトリホーム

お客様窓口お問い合わせ・資料請求はこちら フリーコール0120-966-265携帯・PHSからもお掛けいただけます。 メールでのお問い合わせ その他お問い合わせはこちらから Tel 0555-72-3700

HOME > はじめての方へ > 山梨一の制震構造
はじめての方へ

山梨一の制震構造

耐震と制震はどちらがいいの?

地震対策のコンセプトは、大別して3種類に分かれます。それぞれにメリットのあるなか、お薦めしたいのが「制震」です。『制震』は、建築コストに対して安価に建物の安全性を高める新技術です。

耐震と制震はどちらがいいの?

弊社で採用している制震製品の「ミューダム」は、国土交通大臣認定取得ずみの次世代型木造住宅用制震ダンパーで、世界で初めて「金属流動」を利用しています。従来の耐震製品よりも揺れに強く、環境に左右されずに性能を発揮します。

次世代型木造住宅用制震ダンパー「ミューダム」の仕組み

ミューダムは、内鋼管が刀と鞘のように二重構造になっていて、スライドできる筋交いです。そのスライド部分にボルトで強く締め付けたアルミ板を仕込んでおり、地震時に伸び縮みをして摩擦し、そこで「金属流動」という現象が起きます。

次世代型木造住宅用制震ダンパー「ミューダム」の仕組み

一般的な摩擦は接触面で滑り、摩耗し、粉がポロポロ落ちて滑りの抵抗力が低下しますが、金属流動はどれが一切なく、ほとんど抵抗力が低下しません。この抵抗力で地震エネルギーが熱エネルギーに変換され、揺れを減らすことが出来ます。

製品紹介

製品紹介

振動台実験

振動台実験

ミューダムの3つの特徴

1

揺れ幅85%低減、60年以上の耐久性

振動実験による応答変位の時刻歴(兵庫県南部地震を再現)。

次世代型木造住宅用制震ダンパー「ミューダム」は従来の制震アイテムよりも大幅な振れ幅低減率をもち、高い耐久性も持っています。

2

幅広い環境に対応

国土交通省指定性能評価期間による認定実験結果(ミューダムRH)。

従来のゴム系ダンパーやオイル系ダンパーと異なり、温度や速度に依存せず、安定した性能を発揮します。

3

国土交通省認定、九州大学と企業が10年以上の共同開発

国土交通省認定、九州大学と企業が10年以上の共同開発

2004年に九州大学にて、世界初となるアルミと鋼材の「金属流動」が発見され、10年の研究を重ねて製品化されました。その高い性能から、壁の強度の値である壁倍率は2.3倍(RL)と2.2倍(RH)の2つの国土交通大臣の認定を取得しています。

オススメする理由とは
小冊子無料プレゼント中!
来場予約フォームからのご予約でQUOカード500円分プレゼント実施中 ご予約はこちら
  • 来場予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ