カトリホーム|山梨(甲府、笛吹、甲斐、富士吉田、河口湖、大月、都留)の注文住宅

お客様窓口お問い合わせ・資料請求はこちら フリーコール0120-966-265携帯・PHSからもお掛けいただけます。 メールでのお問い合わせ その他お問い合わせはこちらから Tel 0555-72-3700

HOME > スタッフブログ > 脳トレ、考えることを考える

脳トレ、考えることを考える

2018年01月11日 白壁(竜)副部長

おはようございます。最近読み始めた経済学の本で興味が湧き、脳トレや脳の働きに感情が入るとどうなるのか、視覚と脳の働きみたいなことをとかを読んだり調べたりしています。

難しいことは抜きにして楽しいことを少し紹介いたします。

脳には2つのシステムがあります。直観と推論です。人間はこの2つを使い分けて生活しているわけです。

直観と言うのはスピーディーで、無意識で、大まかで、連想を駆使して、調整も利かないものです。

推論は反対にゆっくりと順序を踏み、意思によってコントロールされ、習得可能な規則によって潜在的に管理されるものです。

この二つの間に厳密な区別はありません。何事にも最初は分析力や集中力が必要ですが、慣れていけば次第に無意識にできるようになっていくのを皆さんもわかっているはずです。

その頭の反応性と柔軟性を知るためのテストが「ストループ・タスク」と言うものです。

421c7486b8dbb8b94e81f6931039de4d

 

高齢者や認知症防止のために使用していることもあるみたいです。苦手な人は苦手みたいですよ。

もう1問出します。

コーヒーと饅頭を合わせた値段は110円である。コーヒーは饅頭より100円高い。饅頭の値段はいくらか?

簡単ですよね。10円です。

本当ですか??違いますよね。直観力いけば考えることなく100と10で分けるはずです。でも推論の方で考えてみてください。答えは出てくるはずです。

この答えと説明はまた1~2日後に。ありがとうございました。今日も頑張りましょう。

ご来店・お問い合わせ・資料請求はこちら TEL 0120-966-265 メールでのお問い合わせ ご来店お待ちしております
オススメする理由とは
小冊子無料プレゼント中!
来場予約フォームからのご予約でQUOカード500円分プレゼント実施中 ご予約はこちら
  • 来場予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ