カトリホーム|山梨(甲府、笛吹、甲斐、富士吉田、河口湖、大月、都留)の注文住宅

お客様窓口お問い合わせ・資料請求はこちら フリーコール0120-966-265携帯・PHSからもお掛けいただけます。 メールでのお問い合わせ その他お問い合わせはこちらから Tel 0555-72-3700

HOME > スタッフブログ > 学ぶ主体

学ぶ主体

2018年06月15日 早川課長

 「自己啓発」という熟語に使われる「啓発」は、中国の古典にある『論語』の
「憤せずんば啓せず。悱せずんば発せず」に由来するといわれています。

 「憤す」とは、知ることができずに煩悶すること。「啓す」は説明してわかるようにしてやること。また「悱す」は、心でわかっていても口で表現できないこと、
「発す」は、十分に言い表すすことができるように教えてやることです。

 つまり「啓発」とは、物事を深く理解しようともだえ苦しみ、どう表現すればよいか散々苦しんだ者でなければ教えることができない、という意味になります。

 充実した気力と情熱がなければ、何事も進歩はなく、苦しみ悩んだ後でなければ上達はしないものです。

自分を高めようという心意気もなく、努力を放棄してしまっては、向上するのは難しいでしょう。

 ともすると私たちは、上達しない責任を「教え方が悪い」と、指導する者に転嫁しがちです。

しかし、あくまでも、「学びの主体は学ぶ側にある」というのが、「啓発」という言葉の本当の意味なのです。

ご来店・お問い合わせ・資料請求はこちら TEL 0120-966-265 メールでのお問い合わせ ご来店お待ちしております
オススメする理由とは
小冊子無料プレゼント中!
来場予約フォームからのご予約でQUOカード500円分プレゼント実施中 ご予約はこちら
  • 来場予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ