カトリホーム|山梨(甲府、笛吹、甲斐、富士吉田、河口湖、大月、都留)の注文住宅

お客様窓口お問い合わせ・資料請求はこちら フリーコール0120-966-265携帯・PHSからもお掛けいただけます。 メールでのお問い合わせ その他お問い合わせはこちらから Tel 0555-72-3700

HOME > スタッフブログ > メールの作法

メールの作法

2018年07月30日 佐藤専務

こんにちは! 相手先との意思疎通のツールとして、メールは欠かせない存在となっています。 便利なところでいえば、一度に大量の情報が送れる。 電話などの会話による、「言った、言わない」の誤解が生じにくい。 履歴が確認しやすい。 等々、特に仕事のうえでは、かなりの割合で使われていると思います。 そんななか、最近 取引先とのメールのやり取りで、首を傾げるよるな事象が多発している為、「メールの作法」と検索してみると・・・「内容は簡潔に・・・」「件名は解り易く・・」「返答はできるだけ24時間以内に・・」とか、いってみれば、かなり常識的なこと・・・常識的って? 一言で言えば、メールによるメリットが活かされるやり取りの仕方。 だと思うのです。 例えば、件名がない。ひとつのメールに複数の要件が混在する。 何日たっても、返答が来ない。 件名と内容が違う。 等々、「あるある!」だと思います。 相手のことを考える。 が、一番の作法ですね!

ご来店・お問い合わせ・資料請求はこちら TEL 0120-966-265 メールでのお問い合わせ ご来店お待ちしております
オススメする理由とは
小冊子無料プレゼント中!
来場予約フォームからのご予約でQUOカード500円分プレゼント実施中 ご予約はこちら
  • 来場予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ